家は買うものではなく創るものですBLOG

デザインのある暮らし 無理のない暮らし 自分らしい暮らし

家づくり情報

「富士見の家」照明計画の解説その5「ダイニングのピンスポットダウンライト照明」

ダイニングのピンスポットダウンライト照明 ダイニングテーブルの上に、ピンスポット型のダウンライトを設置しています。 ピンスポット型のダウンライトは、通常のダウンライトに比べ、配光角度が極端にせまく、ほぼ真下だけを照らします。周囲には光をもら…

ペンダントライト特集

食卓上のペンダントライト特集です。 野崎の家 大和田の家 大山の家 LN502 KG724 向原の家 アトリエ橙のホームページに戻る にほんブログ村

「関町の家」特集その4

「関町の家」の素材の主役は、やはり左官仕上げ。 外壁は、モルタル下地ジョリパット仕上げ。本来、左官は硬いものですが、美しいコテ跡によって、柔らかい印象を作り出しています。この仕上げは、いつもの左官屋さんのオリジナルなので、他の左官屋さんにお…

「関町の家」特集その3

「関町の家」のご家族は、みなさん、卓球好き!ということで、リビングに国際規格の卓球台を置けることが、間取りの優先順位の最上位(?)にありました。リビングのフロアに廊下のスペースを設けていては、スペース的に厳しいので、リビングイン階段を採用…

「関町の家」特集その2

ご提案させて頂いたプランは、ほぼそのまま、受け入れて下さり、ほぼそのまま、完成しました。大きく変更になった主な点は2つほど。階段の幅を拡張したことと、小さな吹き抜けにハイサイド窓を設けたこと。いずれも、建て主さんのご要望によるものでしたが…

「関町の家」特集その1

「関町の家」の建て主さんから最初にお問い合わせを頂いたのは一昨年の夏。スケルトンリフォーム、または建て替え、あるいは売却して新しい土地での新築。様々な選択肢で迷われている中でのご相談でした。それぞれの選択肢について、メリットとデメリットを…

下落に転じた住宅地の公示地価2021

国土交通省から2021年の公示地価が発表されました。 住宅地は、全国平均0.4%下落とのことです。 23区全体では、平均で0.5%の下落、前年は4.6%の上昇でしたので、やはり、コロナの影響は大きかったようです。 とはいえ、バブル崩壊による地価下落 全国平均…

木や左官壁を引き立たせる黒い壁がおススメです。

昨日、現場へ行ったら、リビングの黒いタイルの壁が美しく仕上がっていました。 ちょっと息を飲む美しさでした。(大げさかな?) 黒い壁は、木の質感や珪藻土の質感を引き立たせる効果があるのですね。改めて、認識いたしました。 白い壁は明るく広く感じる…

無意識の行動をきちんとデザインすると、生活はすごく楽になる。その1

玄関で靴を脱ぎ履きする時、大人でも子供でも、無意識に壁に手をついてしまうもの。その結果、上がり框付近の壁が、手垢で汚れてしまうということがよくあります。 対策としては、手摺を設けるという方法もありますが、富士見の家では、玄関に幅10~15センチ…

マンションリノベーション/寒さ対策が必要なら内窓がおすすめ

マンションは一戸建てに比べると、上下左右を住戸に囲まれているため、断熱性が高く、暖かく快適に過ごすことができます。ただし、築年数の古いマンション(築20年以上)の場合、寒さを感じることがあるかもしれません。マンションリノベーションを行うので…

リビングのアクセントウォール特集

リビングの壁、1箇所くらいは、ちょっと贅沢に。 和紙クロスのアクセントウォール ピーラー材のアクセントウォール 和紙クロスのアクセントウォール 珪藻土のアクセントウォール 和紙クロスのアクセントウォール 和紙クロスのアクセントウォール タイルのア…

リビングは1階がいいの?2階がいいの?それぞれのメリットを考える。

間取りを考える時、リビングは1階がいいのか?2階がいいのか?悩むことが多いかと思います。 もちろん、正解はありません。 お答えするとしたら、「敷地条件や家族の構成、年代によります。」ということになるでしょうか? 敷地が十分、広く、平屋、もしく…

アスベスト問題、珪藻土の内装は大丈夫?

先日、厚生労働省などから、珪藻土製品として流通しているバスマットやコースターに石綿(アスベスト)が含まれており、メーカーによる自主回収を行なうという発表がありました。なぜ混入したのかは、いまだ、解明されていませんが、気になるのは、内装材に…

住宅資金の贈与非課税枠、引き続き最大1500万円維持

住宅ローン減税の特例延長に続いて、住宅資金の贈与非課税についても現行制度を延長する方針が固まったようです。 住宅資金の贈与非課税制度とは、住宅を購入する際、親や祖父母から子や孫に住宅資金を贈与した場合、一定額まで非課税とする制度です。 具体…

銭湯のような脱衣所

「大山の家」の洗面脱衣室は、「銭湯のような脱衣所」というリクエストがありました。そんなの初めて。(笑) コンパクトなスペースですが、冷蔵庫あり、エアコンあり、ベンチあり、個人別の収納棚あり。床は銭湯の脱衣所でよく使われている籐(とう)を採用…

住宅ローン減税の特例が2年延長される見通し

昨年の消費税増税に伴い、住宅ローン減税の期間が10年間から13年間に延長される特例が設けられました。 その特例の入居期限が今年の12月までと決まっていたのですが、その入居期限が2年間延長される見通しとなりました。 これから家づくりを検討される方にと…

トイレの収納は棚板3枚

トイレの収納は、扉付の吊り戸収納を設けることもありますが、最近は、棚板3枚だけでもいいのではないかと思い、ご提案させて頂くことがあります。吊り戸棚収納の場合、材料と手間で4万円前後しますが、上の写真のように棚板3枚であれば、1万円以下で造…

素材を生かす間接照明の演出手法

マンションリノベーション「LN502」でも間接照明の演出をいくつか行っています。 間接照明を用いる時に意識していることは、照らす素材を生かすこと、余計なモノを照らして影を出さないこと、です。 リビングの天井の素材:ピーラーの無垢板張りを優しく照ら…

無印良品の机を2つ並べて勉強コーナー

リビングから続くフリースペースに無印良品の机を2つ並べて、勉強コーナーとしています。タモ材の机は、ナラの無垢フローリングや珪藻土の壁と相性がよく、空間に馴染みます。 無印良品の机の幅や奥行に合わせて、両サイドの壁の位置を決めています。天井も…

不動産広告チラシの見方(土地購入編)

アトリエ橙では、土地探しからのご相談が多いのですが、これまで断片的にお伝えしてきた「不動産広告チラシの見方」を一つの講座としてまとめました。それでも、一度に多くのことをお伝えすることは難しいので、実用的な10のチェックポイントに絞って、お伝…

愛用の自転車は室内に美しく/壁掛けボックス

愛用の自転車は、室内に入れたいもの。最近、一戸建てでもマンションでも、自転車を室内にというご要望が増えてきました。写真の事例は、マンションリノベーション。 廊下に壁掛けボックスを取り付け、自転車を吊るしています。廊下を広めに取っているので、…

LDKの入り口にチェッカーガラスの木製建具を造作しました。

マンションリノベーション「LN502」。廊下とリビングの間を仕切る建具は、建て主さんのご要望により、チェッカーガラスを入れた建具を造作しました。 チェッカーガラスとは、格子状の凹凸がある型板ガラスのことを言います。アンティーク家具などによく使わ…

「どうなる?住宅ローン減税」/ローン金利を上回る「1%控除」

家を建てる時に多くの人が利用する住宅ローン。 そして、住宅ローンを借りる時に利用したいのが「住宅借入金等特別控除」、いわゆる「住宅ローン減税」です。住宅ローン減税とは、ローン残高の1%が所得税から控除されるという大型減税です。 残高の上限は40…

アトリエ橙/横浜市の設計事例特集

グーグルの解析で、アトリエ橙のホームページを訪問して頂いている方の市町村別ランキングを見てみると、ちょっと意外な結果になっていました。 10位 杉並区 2%(アトリエ橙では設計事例が多い)9位 秦野市 2%(理由がわかりませんが有難うございます)…

在宅勤務をする共働き夫婦に最適な寝室の間取りとは

実例を間取りと写真で紹介。在宅勤務をする共働き夫婦に最適な寝室の間取り ~3.75畳の最小限個室のススメ~

リビングや玄関など内装仕上げ材として大谷石を使ってみよう!

大谷石は、塀や外壁材料として使用されることもあるのですが、風化しやすいという弱点があるため、最近は、内装材として、その風合いが見直されています。リビングや玄関での採用例をご紹介します。

家族だからこそ、実はプライバシーも大事~職住近接、在宅勤務に適したシェアハウス型の新しい暮らし~

これまでの家づくりは、コミュニケーションばかりが重要視されてきたようなところがありますが、実は家族だからこそ、プライベートも重要ということが、今回の在宅勤務、職住近接によって、みんな気が付き始めたような気がします。シェアハウス型の新しい暮…

間取りのお話「無駄とゆとりは、紙一重」

でも、我が家は、あえて1畳分を無駄にプランニングした場所があります。階段を上がった2階の小さな2畳分のホールです。通過動線の場所なので、プランニングによっては1畳で済ますこともできる空間ですが、この場所はプランニングの初期の段階から2畳を…

注文住宅の建築工事費の推移(国土交通省)

久しぶりに、国土交通省の住宅経済関連データをチェックしてみました。やはり、建築工事費は、年々、上昇しているようです。 注文住宅の建築工事費(首都圏) 平成21年度 25.2万円/m2(坪単価に換算すると、83.1万円/坪) 平成30年度 30.4万円/m2(坪単価…

ワークスペース特集その1

経堂の家 △座っていれば目線が隠れ、立ち上がればLDKを見渡せるワークスペース。 成田東の家 △2階の階段ホールに設けたセカンドリビングに書斎カウンター。 川崎の家 △階段下のスペースを利用したパソコンコーナー。 PHB102 △リビングの一角に設けた書斎コ…