家は買うものではなく創るものですBLOG

デザインのある暮らし 無理のない暮らし 自分らしい暮らし

家づくり情報

「東久留米の家」特集その5

1階のリビングダイニング上部に小さな吹抜けを設けています。広さは0.75畳。見上げると、屋根に設けたトップライトが見えます。

「東久留米の家」特集その4

建ぺい率40% 容積率80%の東久留米の家。収納力を確保するため、ロフト(小屋裏収納)を設けています。ロフトへの昇降方法は、可動はしごでないとダメという自治体と、固定階段もOKという自治体がありますが、東久留米は固定階段がOKとされています。

「東久留米の家」特集その3

外観は、黒い左官壁(モルタル下地ジョリパット仕上げ)と木製ルーバー(ウェスタンレッドシダー)で構成しています。また、ポーチやバルコニー、庇の軒裏も、無垢の木(ピーラー)で仕上げています。(準防火地域でないので可能です。)

「東久留米の家」特集その2

中庭に面する窓際に、木製ベンチがあります。お昼寝ベッドとも呼んでいます。奥行を70㎝にして、タモの無垢板で背もたれを造りました。ベンチ下には、無印のバスケット収納が4つ、ちょうど入るスペースを用意しています。

「東久留米の家」特集その1

先日、竣工した「東久留米の家」は、南東の角にウッドデッキを設けて、そのウッドデッキを囲むように、L型の平面プランとしています。L型の中央には、あえて丸くて太い大黒柱を。近くを通るたびに、思わずしがみつきたくなりますが、住人ではないので、そ…

土地探しは必ず役所巡りで裏付けをとるようにします。

昨日、土地探しのご相談を頂いた板橋区内の候補地。法的な条件を調べるため、今日は板橋区役所へ行ってまいりました。不動産広告のチラシにも、ある程度の情報は掲載されているのですが、間違っていることもあるので、必ず裏付けをとります。

契約前に建築士免許の確認を

建築士法は、建築士による名義貸しを禁止しています。無資格で設計又は工事監理を行っている者に対し、建築士を持っている人が、自分の名義を利用させて報酬を得ることを禁止した法律です。

駆け込み需要が少ない今回の消費税増税前

消費税増税が10月に予定されていますが、住宅に関しては、思いのほか、駆け込み需要は発生しておらず、静かな状況が続いているようです。個人的には良いことだと考えています。

住宅ローンの不正利用と素朴な疑問

住宅ローン「フラット35」を不正利用した疑いというニュースが流れました。本来、住宅ローンは、自らが居住する場合に組める低金利のローンです。今回は、投資目的の賃貸住宅の建設に対して、自ら居住すると見せかけて、投資ローンではなく、低金利の住宅…

「賃貸だけどリフォームしたい」キッチン扉をカッティングシートでリメイクしました。

賃貸マンションだと、退去時に現状復帰をしないといけないので、なかなかリフォームするわけにはいかないのですが、それでも、方法がないわけではありません。たとえば、キッチン扉。市販のカッティングシートを使えば、わりと簡単に自分らしくリフォームす…

「西武池袋線(豊島園線・有楽町線)沿線の家づくり特集」新築一戸建て編

最近、人気の西武池袋沿線。緑豊かな環境と、交通の利便性の良さが注目されています。そして、その土地価格の安さ。(関連記事:新宿・渋谷・池袋の各ターミナル駅から3駅目の公示地価2019の比較)今日は、そんな西武池袋線の新築一戸建ての事例をいくつか…

間接照明の住宅実例集

WEB解析によると、間接照明のコラムがよく読まれているようです。「間接照明がお洒落な住宅設計実例10」アトリエ橙では、照明計画を重視した住宅設計を心掛けていますので、嬉しく思います。ありがとうございます。少し加筆しました。

「障子のある空間」特集

アトリエ橙の過去事例から「障子のある空間」を集めてみました。和室にも洋室にも合う障子です。

新宿・渋谷・池袋の各ターミナル駅から3駅目の公示地価2019の比較

昨日、国土交通省から2019年1月1日時点の公示地価が発表されました。 新聞紙上でよく見る図は、東京駅からの直線距離で示されていますが、実質的な生活では、新宿駅、渋谷駅、池袋駅の3大ターミナル駅までの距離が、仕事や買い物、レジャーなどのことを考え…

マンションリノベーション「AH401」特集

先日、完成したマンションリノベーション「AH401」(東京都墨田区)の竣工写真です。

過去最低金利更新

ここ数年、住宅ローン金利は、 これ以上下がることはない、 と言われ続けていますが、 昨日のニュースでは、 三菱東京UFJ、三井住友信託、 みずほの3行がそれぞれ、 過去最低金利を更新したとのこと。 三菱東京UFJ 0.30%下げて0.55% 三井住友信託 0…

緩やかに仕切り、緩やかに繋ぐLDK

「こうのす台の家」のLDKは、「L」と「D」と「K」を腰壁によって、緩やかに仕切り、緩やかに繋いでいます。