家は買うものではなく創るものですBLOG

デザインのある暮らし 無理のない暮らし 自分らしい暮らし

ポータブルテレビの使い心地

~今日はスタッフブログの日です~

 

バラエティ番組やワイドショーは殆ど見ない一方、映画鑑賞や大河ドラマが好きな私。
自室に小さいテレビを置きたい、でもテレビを部屋の真ん中に置いてしまうとだらだらと観てしまいそう…、
ということで、ポータブルテレビを購入しました。
私が購入したのはパナソニックのプライベートビエラ、防水対応の15インチです。



f:id:yusei2000:20190514222454j:image


一般的に、テレビは家族で囲むことを想定して部屋の中心に置かれることが多いかと思います。
しかし、私の場合は一人で見る用、支度をしたり洗濯物を畳んだりの「ながら見」が多く、
見たいときにだけ電源を入れたい、というタイプ。

本当は大きなテレビの方がむしろ安いのですが、
壁をテレビの画面で埋めてしまうことに抵抗があり、パソコンぐらいの画面サイズが、というのが必須条件でした。

モニターはハードディスクから無線で接続されており、モニターだけを持ち運ぶことができます。
朝ごはんを食べながら天気予報を見たり、窓際で洗濯物を干しながら録画したドラマを見たり、
お風呂で音楽を流したり、といった使い方をしています。
本棚ぐらいの奥行があれば置くことができるので、テレビの前に縛り付けられることもないのがいいところです。

また、ハードディスクは目立たないところに隠しておけるので、部屋の一番良い位置をテレビボードが陣取ってしまうこともありません。

また、上位機種ですと録画、DVD、BD、動画配信サービスにも対応しています。
同じぐらいの大きさのテレビと録画機能付きBDプレーヤーを一緒に買う場合と同じぐらいの値段です。


困ったところとしては、モニターの充電があまりもたないこと、通信環境が良くないのか、たまに画面が止まる時があることです。
バッテリーの持ち時間はおおよそ3時間ほどです。結局、部屋の片隅を充電スポットとしてあてがいました。テレビ、カメラ、携帯、モバイルWi-fiなど、一時的な充電が必要となるモノが増え、抜き差ししやすい位置にコンセントが沢山あると助かる…としみじみ感じています。

 

たまにテレビは見たいけど、テレビ中心のインテリアにしたくない、という方におすすめです。

 

miharu

 

www.yusei-arch.com

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村