家は買うものではなく創るものですBLOG

デザインのある暮らし 無理のない暮らし 自分らしい暮らし

賃貸住宅の設計バランス

yusei20002014-08-12

賃貸住宅の設計の場合、ご自宅の設計と異なり、
どこまでコストを掛けるのか、
どの程度の居住性を確保するのか、
そのバランスに悩みます。


そもそも、賃貸経営のために建築するのが目的ですので、
コストを掛け過ぎてはいけません。
しかし、安かろう悪かろうでは、設計事務所が関わる
意味がありません。
また、居住性が悪ければ、長く入居者に留まってもらう
こともできません。


コストを抑えながらも、ある程度の快適な居住性を確保し、
なおかつ、他物件との差別化を図り、入居者が集まるような
設計を行なう必要があります。


今日は、そのあたりのことを念頭において、
「O−HOUSE」の設計打ち合わせをさせて頂きました。
オーナーご夫妻には、とてもバランスの良い
割り切り方をして頂いたように思います。


「F−HOUSE」のように、入居者にもオーナーにも
喜んで頂けるような賃貸住宅を目指したいと思います。
いよいよ、実施設計のラストスパートです。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ (click!)


奥山裕生設計事務所HP